d0127694_13431320.jpg

d0127694_13431418.jpg

d0127694_13431634.jpg

d0127694_13431745.jpg

d0127694_13431865.jpg


いよいよ今月でラスト!
トリをかざるテーマは…めざせ元気な100歳!
食事で老化予防し、元気に歳をとろう!

☆秋の恵みの朴葉(ほおば)焼き
朴葉…旅館の食事なんかでは見たことあるけど、使うのは初めてだぁ。
コレを使うと、具材の余分な水分を朴葉がすってくれる&
葉の香りがうつって美味しさを増してくれる等の利点アリ。
牛肉と里芋、しめじ、まいたけを包んで、蒸し焼きにしてイタダキマス。
アルミホイルでもOKとのこと。家リピするなら…やっぱりホイルかな(笑)
味付けは、手作り“長寿みそ”がポイント。
赤みそ、きび砂糖、すりごま、きな粉、みりん、酒をよく混ぜ合わせて
しょうがのすりおろしと万能ねぎを加えて混ぜてできあがり。
コレ、めっちゃウンマイ!リピ確定!
味噌田楽、おにぎりetc.応用レシピが膨らむ!

☆春菊とえびのくるみ白あえ
すりばちで木綿豆腐を丁寧になめらかに。この過程で美味しさUP!
和える具材は春菊、黄菊、くるみ、えび。色どり豊か。
豆腐のイソフラボン、春菊のβカロテン、くるみのビタミンEなどなど
栄養満点な副菜。季節によって具材を変えても良さそう♪

☆紫キャベツと白いんげんのりんごあえ
紫キャベツの色素・アントシアニン、おろしりんごのポリフェノールは
有害な活性酸素を消去してくれるそう。
キャベツを茹でるだけで水色が見事な紫に。すごい含有量!
そこにお酢を入れると紫から赤色に変化。リトマス紙の実験みたいw
さっぱりしたお味で箸やすめにも最適な一品♪

☆かぶのすり流し汁
シンプルな汁ものだけに、だしとりがポイント。
面倒くさがらずに手間をかけることが美味しさのコツ。
かぶはくし形に切ったものを具材に、すりおろしたものは汁に。
うすくちしょうゆで味付け、片栗粉でとろみをつけてイタダキマス。
心からほっとする味。これもリピ確定♪

これにて、一年間の「体にいい、おとなの料理教室」終了!
どんな栄養がどんな効果をもたらすのか?
そんなことも考えながら料理すると、料理って化学だなぁとつくづく実感。
料理は脳トレにもなり、食べて栄養摂取もできて一石二鳥♪
これからも、料理して美味しいもの食べて笑って健康になろう!
健康一番!
[PR]
# by sunday-lab | 2012-10-22 13:44
d0127694_1432177.jpg

d0127694_1432279.jpg

d0127694_1432453.jpg

d0127694_1432510.jpg

d0127694_1432733.jpg

d0127694_143289.jpg


今月のテーマは「じょうぶな骨をつくる」!
カルシウムを食事からとろう!

☆さんまの土鍋炊き込みごはん
内臓とって、両面色良く焼いたさんまと、
大豆、ごぼう、昆布、しょうがと一緒に土鍋で炊き込み。
炊き込み途中から香りにほっこり。秋の味覚だぁ♪
炊き上がってから、さんまの身をほぐしてイタダキマス。
カルシウムほか、いろんな栄養も一度にいただけて◎。
お手軽に炊飯器でもOK。今秋リピ確定!

☆茶碗蒸しの吹き寄せあんかけ
卵液の中には、だし以外に牛乳をいれるのがポイント。
具材には、ゆりね、そしてチーズをイン。
上にぎんあんをかけてイタダキマス。
牛乳入ると、しっとりなめらか。ウンマイ!
ほどよくとろけたチーズも美味!
意外な組み合わせだけど、これは大アリ♪
ぜひリピートしてみよぅ〜

☆切り干しだいこんとひじきの千草あえ
カルシウムたっぷりな切り干しだいこん、ひじき、じゃこ、
色付けでにんじん、きゅうりを一緒に和えて出来上がり。
和えるタレには、砂糖、酢、しょうゆ、塩、
そして柚子こしょうを少々。
酸味がきいて箸休めにもぴったりな一品♪

☆ぶどうと白きくらげのゼリー
海草が原料のアガーを使ったデザート。
常温で固まり溶けないので、手みやげにもOK。
最後に白ワインを加えることで、ちょっこしおとなの味に。
白きくらげのビタミンDは、カルシウムの吸収をよくするそう。
食感を楽しめるヘルシースイーツ、うんまかったぁ♪

全体的には低カロリーだけど、良く噛むせいで大満腹w
やみくもに栄養とるだけじゃなくて、
良く噛んで栄養とる、っていうのが体にも良いんだろうなぁ♪

来月は…いよいよラスト月!
[PR]
# by sunday-lab | 2012-09-16 13:09
d0127694_22201470.jpg

d0127694_22201528.jpg

d0127694_22201672.jpg

d0127694_22201723.jpg

d0127694_22201940.jpg


今月のテーマは、脳を若く保つ!
食事で脳を元気に若返らせよう!

☆あじの梅じそ天ぷら
あじのDHAで脳機能UP!
梅じその酸味が夏らしくてさわやか♪
身を半分に折ったあとは、楊枝でとめて揚げるとこの形に。なるほど〜
見た目より、食べてみるとなかなかのボリューム。
もうちょっと梅の量を増やしても美味しそう〜

☆枝豆のひすい豆腐
枝豆と豆乳のレシチンが脳の働きを高めてくれるそう。
イソフラボンもたっぷりで一石二鳥♪
柔らかめに茹でた枝豆と豆乳、くず粉等をミキサーにかけたあとに、
鍋に入れて火をかけて3、4分、絶えず混ぜ続けるのがポイント。
火加減は強めのが中火。鍋肌からポロンと固まりが離れるぐらいまで混ぜ混ぜ。
容器に入れて冷やして固めてイタダキマス。
見た目も涼しげでキレイ♪ぷるぷるな食感も好み♪
くず粉入りのせいか、これまた思ったよりもボリューミーwリピ確定!

☆野菜ずし3種
野菜を魚介類に見たてたヘルシー寿司。
赤パプリカはまぐろ、エリンギはアワビ、みょうがは貝…に見えるかな?w
一人分のお米の量は50gぐらいと少なめだけど
いただいてみるも、案外これまたボリュームあるから不思議…(笑)
見た目にも可愛らしくて、おもてなし料理にも◎。
他にもアイデア次第でいろんな見たて寿司が作れそう♪

☆とうがんとじゅんさいのすまし汁
出汁に冬瓜とじゅんさいを入れて味付けして出来上がり。
冬瓜はあらかじめ茹でておいてから加えると、出汁が濁りにくくて◎。
昆布とけずりがつおの出汁、ほっとするぅ♪


脳機能の向上には…
よく噛むこと、運動すること、そして…
料理をすること!!
献立考えたり、切ったり炒めたり、盛り付けたりを同時にこなすことで、
大脳の前頭葉が活発に働くことがわかっているそう。
確かに、作り終えると頭スッキリしたり、ストレス解消にもなるからなぁ♪
脳のアンチエイジングのためにも…料理し続けましょ〜w
[PR]
# by sunday-lab | 2012-08-19 21:38